PROJECT E-Lectureプロジェクト

教育の可能性を世界へ広げるワールドワイドなシステム教育の可能性を世界へ広げるワールドワイドなシステム

E-Lecture

プロジェクトリーダー E-レクチャーマネージャー 水田 猛
プロジェクトリーダー
E-レクチャーマネージャー
水田 猛

教室での指導にとどまらず、新しい分野へ積極的に進出し、
教育の可能性を広げ続けているアップ。
その様々な取り組みの中から、インターネットを利用した
画期的な授業システム「E-Lecture」プロジェクトをご紹介します。

E-Lectureとは?

インターネットを利用した“双方向遠隔授業システム”。インターネットを利用した“双方向遠隔授業システム”。

開発のきっかけは、「勉強もクラブも両立させたい」という
生徒からの要望でした。

時間のない子どもたちにも、もっと自由にアップの授業を受けてもらいたい。教室に来なくても、学べる環境を作ってあげたい。そんな思いから生まれたのが、この「E-Lecture」プロジェクト。インターネットを利用することで、教室など物理的な拠点の制約を超えてアップの授業を提供するという目的で、開発されました。

  • E-Lecture
  • E-Lecture

TOP

教室や世界の垣根を越えたライブ感あふれる授業を実現。教室や世界の垣根を越えたライブ感あふれる授業を実現。

●授業風景 生徒自宅など

「E-Lecture」は、家にいながらにして、教室と同じ感覚で授業を受けられます。反応ボタン+チャット機能でリアルタイムな通信を実感できる、“双方向ライブ授業”です。また、1人の講師に対して、100人の生徒が同時参加可能。日本だけでなく、世界中からの受講ができるワールドワイドな教育システムとして、注目を集めています。

オンデマンド配信により都合に合わせた受講が可能。オンデマンド配信により都合に合わせた受講が可能。

●授業風景 専用スタジオ

「E-Lecture」の配信形態は、録画版としていつでも公開できるデジタルオンデマンドコンテンツ。それぞれの都合に合わせて、いつでも受講できます。また、ADSL以上の回線速度であれば、どこからでも授業を実施、受講できます。現在、専用スタジオを設置して運用しています。また、システムの主要部分に関しては、アメリカ・中国・韓国・日本で特許を取得しています。

TOP

INTERVIEW 開発者インタビュー

プロジェクトを成功させた“チカラ”と“ココロ”プロジェクトを成功させた“チカラ”と“ココロ”

予期せぬトラブルにも屈しない精神力。

開発中一番苦しかったことは、サービスに一部使用しているプラグイン(某有名他社製)がバージョンアップされた際にバグがあったため、サービスが正常に稼働しなくなるトラブルが発生したことです。
そんな予想しないトラブルにも、徹夜でバグ回避のための手段を試行錯誤しながら探索。バグが原因なので理屈通りに動作せず、困難な作業となりましたが、あきらめなかった結果、無事ライブ授業に間に合いました。

立ち上げ時に実感した仲間の熱意。

ようやくプロジェクトが立ち上がる時期は、多忙にも関わらず講師、事務系職員を問わず多くの仲間が動作確認に参加してくれました。各々の仕事を終えてから作業を行ったので、日付が変わる頃から、今回は誰が講師役、他の参加者が受講生役というように、数ヶ月に渡り深夜の実験を行いました。
この「いいものを作ろう」「絶対にプロジェクトを成功させよう」という多くの仲間の熱意なくしては、完成はあり得なかったと思います。

そしてE-Lectureのステージは、世界へ。そしてE-Lectureのステージは、世界へ。

京都大学 中華人民共和国・北京 精華大学 マレーシア クアラルンプール マラヤ大学

2006年には「E-Lecture」をベースに、京都大学と共同で中国の精華大学、マレーシアのマラヤ大学の三カ国で遠隔授業を可能にするシステムを開発。国際間の回線の細さによる転送スピードの遅れを解決し、三カ国で同時に授業を進めることを可能にしました。
教室の枠を取り払って授業の可能性を広げた「E-Lecture」の、さらに違う側面が生まれたこの共同開発。今後もアップは、社会に対して常に新しいものを提供し、時代の先端に関わる企業であり続けます。

プロジェクトリーダーから学生へのメッセージプロジェクトリーダーから学生へのメッセージ

熱い気持ちと、高いプロ意識。 両方を携えた集団がアップです。熱い気持ちと、高いプロ意識。 両方を携えた集団がアップです。

熱い気持ちと、高いプロ意識。 両方を携えた集団がアップです。

アップが誇れるものの一つが、それぞれが熱意と高いプロ意識を持った集団であるということだと思います。
アップのメンバーにもし縁があって加わることになったら、是非あなたも教育に対する熱意とプロ意識を持って、一緒に教育の可能性を広げていきましょう。大歓迎致します!

遠隔授業システム E-Lecture

TOP