COMPANY PROFILE 会社案内

ごあいさつ GREETING

自らが学び、変革を通して日本の教育を変える

民間教育の可能性を信じ、その時々の教育ニーズを敏感にキャッチしながら、私塾から受験産業、そして総合教育分野へと発展し続けます。
アップが追求する教育とは、知識や技術を習得することだけではなく、人間の生き方の根幹にかかわることを含めた、知性と教養の向上を事業ポリシーとしております。
幼児から、小学生・中学生・高校生、そして大学生・社会人に至るまで、幅広い教育ニーズに応える事業展開を進めています。その内容は、学ぶ喜び、思考することの大切さ、人としての心のありようにまでかかわる人間教育を追求するものです。
そして今、「多様化」と「デジタル化」をキーワードに、IT技術を駆使した教育サービス事業にも力を注いでいます。これら事業の最前線にあり、最新技術を駆使し、柔軟な発想と行動力で潜在市場を開拓しているのが、若手を中心とするスタッフたちです。アップの社員は業務に取り組む中で一人ひとりが自己革新に励み、自ら学び続けることで、教育の変革を追求してまいります。

ごあいさつ GREETING

理念 OUR MISSION

企業理念 豊かな社会を創る人材を育てる 教育理念 己を育てる 人を育てる 未来を創る

コーポレートシンボル SYMBOLMARK

2010年1月、私たちの新しいシンボルマークが誕生しました。

コーポレートシンボル

SPIRIT

  1. 未来を見つめる力強い眼差しをイメージしています。
  2. 子どもたちを温かく見守る眼差しという意味が込められています。
  3. 何よりも「人」を大切にするアップの社風をシンボライズしています。
  4. 瞳の部分がUPの「U」を、輪郭は「P」をそれぞれ象っています。

理想の教師像 TEACHER IMAGE OF IDEAL

明朗で、ユーモアがあり、活発で、声は適度に大きく、笑顔が美しく、服装は清潔かつダンディ・チャーミングで、そのうえ教師として学力・指導力に優れ、ため息がでるほど上手な授業を展開する腕前の持ち主であり、決して宿題や暴力で生徒を威圧しない人物である。

TOP

会社概要 PROFILE

創  立 昭和51年3月1日
設  立 昭和52年10月18日
本社所在地
〒663-8204
西宮市高松町4-8MAP
資本金 16億6710万円
社員数 446名
(平成30年3月31日現在)
事業内容 幼児、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人への総合教育サービス
主要取引金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、みずほ銀行、池田泉州銀行、但馬銀行
取締役
取締役社長
小南 達男
(代表取締役)
取締役副社長
宮本 剛治
取締役
辰巳 和功
山河 健二
監査役
逸見 敏広
松本 芳範
大島 智美

TOP

沿革 HISTORY

1977年 10月
(昭和52年)
西宮市門戸東町19番地の1に株式会社アップ(資本金500万円)を設立
「逆瀬川校」「門戸校」にてアップ教育企画(現開進館)部門を発足。
1983年 10月
(昭和58年)
高松市中央町に株式会社アップ高松を設立。
1984年 7月
(昭和59年)
広島市東区に株式会社アップ広島を設立。
1985年 4月
(昭和60年)
株式会社アップ広島を譲渡(分離独立)。
1987年 4月
(昭和62年)
株式会社アップ高松を譲渡(分離独立)。
1987年 10月
(昭和62年)
神戸市中央区に関連会社(当社20%出資)
「株式会社兵庫日曜教室(現株式会社ユーデック)」を設立。
1990年 1月
(平成2年)
「株式会社兵庫日曜教室(現株式会社ユーデック)」は同社株式の追加取得により子会社(当社55.6%出資)となる。
1990年 4月
(平成2年)
西宮市高松町15番41号に本社ビル完成にともない本社を移転。
研伸館予備校西宮校新館(現本社)を併設。
1994年 2月
(平成6年)
日本証券業協会に株式を店頭登録。
2002年 8月
(平成14年)
株式会社ベネッセコーポレーションと資本・業務提携。
2003年 2月
(平成15年)
東京証券取引所(市場第2部)に株式を上場。
2003年 10月
(平成15年)
株式会社マルユが、株式会社ベネッセコーポレーションより当社の株式を取得したことにより、持ち株比率が20.1%となり、当社の筆頭株主になる。
2007年 2月
(平成19年)
「株式会社兵庫日曜教室(現株式会社ユーデック)」が同社株式の売却により関係会社でなくなる
2010年 5月
(平成22年)
株式会社ベネッセコーポレーションと新たに資本・業務提携。
2012年 3月
(平成24年)
ベネッセグループにグループイン
2012年 7月
(平成24年)
東京証券取引所(市場第2部)株式上場廃止。

TOP

決算公告 CLOSING PUBLIC NOTICE

会社法第440条第1項及び第3項に基づき、貸借対照表及び損益計算書を電磁的方法により公告しております。

  • 第36期(平成24年4月1日~平成25年3月31日)

    PDF

    download

  • 第37期(平成25年4月1日~平成26年3月31日)

    PDF

    download

  • 第38期(平成26年4月1日~平成27年3月31日)

    PDF

    download

  • 第39期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

    PDF

    download

  • 第40期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

    PDF

    download

  • 第41期(平成29年4月1日~平成30年3月31日)

    PDF

    download

第35期以前の貸借対照表及び損益計算書については、金融庁の下記サイトに掲載されている有価証券報告書をご参照ください。

金融庁EDINETサイト 
http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/

EDINET閲覧方法はこちら

TOP



部門一覧